医療脱毛するならどこがおすすめ?人気で安いクリニックをランキングでまとめました。

硬毛化や増毛化ってなに?

ここでは、医療脱毛が原因とされる硬毛化や増毛化についてレクチャーしていきます。

医療脱毛にあるリスクについて

あまり知られていることではないのですが、ここでは、隠さずに医療脱毛のデメリットにも触れていきたいと思います。良いことばかりではなく、しっかりとリスクを知っておくと注意できますよね。医療レーザー機器で施術することで、増毛化や硬毛化といった毛が変化してしまうことがあります。それは、脱毛を行うことで濃くなってしまうということです。

硬毛化とは

医療脱毛をすると生えている毛は減っていきます。しかし、中には脱毛されずに残ってしまう毛もあります。その処理しきれなかったムダ毛が太くなったり長くなったり目立ってしまうのが原因です。硬毛化しやすいのは、もともと細くて目立ちにくい産毛である場合が多いそうです。例えば、背中やお腹の脱毛では、毛が太くなると目立ってしまいますよね。

増毛化とは

医療レーザーで脱毛を行うと、毛が増えてしまうことです。人の体や顔の毛穴の数は決まっているのですが、普段は発毛していない毛穴もあるのです。その毛穴が脱毛のための光を照射されたことで活性化されて、生えてくるという現象です。だから、ムダ毛が増えたように見えてしまうのです。

【対処法】硬毛化や増毛化した部分も脱毛可能

せっかくムダ毛を減らしたいのに太くなったり増えたりするなんて…。と、悲観なさらないでください。一時的に硬毛化・増毛化したムダ毛は、目立ってしまうこともあります。ですが、医療脱毛なら対処できます。レーザーに反応しやすい目立つ毛になりますので照射して減らすことができるのです。

医療機関ですから、毛が目立つようになったら、医師にすぐに相談できますし、必要な説明と処置を施してくれます。硬毛化や増毛化してしまったムダ毛部位を保証してくれるクリニックもありますのでご安心を。注意しなければならないのは、硬毛化や増毛化の事実を隠してしまうクリニックがあるということ。そういった不誠実なクリニックでは脱毛をお願いしないように。選び方は慎重に行ってください。デメリットもきちんと説明してくれるところを探してくださいね。

pagetop